CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column04】 おすすめリネン強撚生地と接触冷感

2020.06.18

本日もお疲れ様でした。

バックヤードの山本です。

 

梅雨もあり、蒸し蒸しした日が続きますね、、

工場内も30℃超えの時間帯が多くなりました。

工場に併設している事務所はそれでもクーラー

などが効くので良いのですが、

効きすぎても体に負担がかかるので

ほどほどにしています。

 

最近は織りや事務作業しながら、集中力高めるために

色んなアイテムで冷んやり感を求め、

目薬や清涼タブレットなどでごまかしていたのですが

身近に良いものがありました!見つけました。

 

それは、、、リネン100%の強撚の生地です。

リンク:No.27 リネン強撚平織を見る

 

現在、オンラインストアの業務などで、

デスク周りに掲載生地の見本などが置いて

あることが多いのですが、

先日それをふと、肌に充ててみたところ冷んやり。

恐らく接触冷感というものだと思うのですが、

この生地は特に、薄すぎず、厚すぎずで

表面もハリを感じるのにかたくない、

しなやかなドレープのある風合いです。

そのおかげで肌に充てたときの冷んやり感が

ダイレクトに伝わりやすいのか、

接触冷感を感じやすかったです。

もともと、この生地は先輩の社員の方とも

この生地良いな〜って話していた生地なのですが

改めて良いなと感じました。

(工場では普段、キバタの扱いが主なので

加工後の生地が事務所にあると珍しくて

みんなで色々触ります)

使い方が

直接的すぎますが、小さいハギレを肌に充てて

リフレッシュしています笑

 

ちなみに、接触冷感とはそもそもなんぞや?

と思って色々調べてみたのですが、

「肌から物体に熱が移動する」という原理で

冷んやり感じるようです。

要するに、生地そのものが冷たいのではなく

人の肌が物体(生地)に触れたときに、熱が移動する

量が多い と接触冷感を感じるらしいです。

恥ずかしながら、私はずっと接触冷感とは

物体そのものが冷んやりしているのだと思っておりました…

これも初めて知ったのですが、

この熱の移動量を分かりやすく数値にしたものが

最大熱吸収速度(q-max:キューマックス)というそうです。

麻はその数値が高いそうです。

 

…….日々勉強です。

この生地が気になって、生地特徴や企画ついても

今度社長に色々教えてもらう予定です。

 

この生地、オンラインで掲載してるので、

気になった方は是非、一度お手にとってみてください。

50cmあるだけでも、まずは冷んやりした

気持ちの良さを感じてもらえると思います。

↓オンラインストア↓

No.27 リネン強撚平織の生地ページを見る

 

私もしばらくはこの生地でリフレッシュ出来そうです。

気に入ってるので自分でも買って、

何か肌に触れるものを

祖母に作ってもらおうかなと考えています。

(祖母は縫い物の仕事をしていました)

 

次回の更新は月曜日です。

まだ金曜日が残っていますが

みなさま良い週末をお過ごしください。

 

山本

 

#福田織物#麻#リネン生地#遠州リネン

#涼しい生地#夏マスク#接触冷感#テキスタイル

#強撚糸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column04】 おすすめリネン強撚生地と接触冷感