CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

ユニクロ エアリズムコットンについて

2020.07.07

先日、UNIQLOエアリズムマスクが、マスコミに取り上げられ話題になっている。売り出したその日に完売と聞いて、エアリズムと何なのか?興味深々で、翌日、地元掛川市のユニクロを見に行ったところ、予想していた通りエアリズムマスクは完売されていた。あれば買うつもりでいたが残念ながら、買えなかった。その代わり、UNIQLOエアリズムコットンクルーネックTを購入することにした。話題になっているエアリズム、何故、こんなに人気あるのだろうか?検証してみる気になった。

では、購入したエアリズムコットン クルーネックT(半袖)の紹介

品質、綿71% ポリエステル25% ポリウレタン4%

サイズはXSサイズ~4XLまで、幅ひろいサイズ展開で販売されている。さすが、UNIQLOは、客層幅が広くマーケティングされている。

手触り感は、コットンとは、感じられないほど、サラサラ感がある。例えるならば、ポリエステルの手触り感である。コットン好きなな私は少々残念だが、機能素材なのでやむえない。単価も、990円であり、恐ろしく安く感じた。外見では、コットンらしくない光沢感が感じられる。好き嫌いが分かれるかも知れない。

では、1日着ての感想は、

凄くサラッとしていていて、気心地がとても良かった。仕事やスポーツに使用するには、最高なアイテムだ。

正直、期待以上の良い素材であった。売れる商品、ユニクロ、また作ったなと、印象を受けた。

  

エアリズムコットン クルーネックT何が良いか。

①エアリズムコットンなので、コットが使用されているため、ポリエステルの安っぽい光沢がないのが良かった。でもコットンらしくない光沢感はあります。

②エアリズム独特の収縮性があり、Tシャツとしての機能はバッグンである。Tシャッにストレッチ糸を使用しているためである。

③表が、コットン、裏地がポリエステルの2重構造のため、肌に当たる場所が、ポリエステルになっているため、サラッとして肌離れの素材になっている。

私自身は、布帛のテキスタイルデザイナーなので、普段はシャツ派であるが、Tシャツは休日には着ることで楽しんでいる。今回、紹介しているのは、エアリズムコットンクルーネックTを紹介しているが、エアリズムは、本来ポリエステル88%、ポリウレタン12%のモノなので、あまり興味がなかったが、コットン71%のエアリズムコットンクルーネックTが、気になったので調べるキッカケになった。

エアリズムは、東レが開発した素材である。もちろん、皆さんも知っている有名なヒートテックの素材メーカーである。

下記の分が東レのエアリズムの糸の説明である。

”エアリズムとは、東レは、繊維構造に工夫を施すことによって、化繊生地に吸水性を持たせ、同時に速乾性もより高め、活用したのは理科の時間に習う「毛細管現象」の原理。液体が重力とは関係なしに細い管の中やすき間を上昇していく現象だ。実は、男性用のエアリズムは、100本近いポリエステル原糸を1本に束ねた糸で生地を編んでいる。束ねられた各原糸の間には微細なすき間がある。ここがポイントで、かいた汗は毛細管現象によってこのすき間を通り、生地の肌面から表側へと移動しながら拡散して蒸発する。このため、エアリズムは化繊なのに汗をよく吸い、しかも通常の化繊着より乾きも早いのだ。”

では、何故、エアリズムは速乾性があるのかというと?ポリエステルは、もともと水分の吸水性が、全くないのである。そのデメリットを隠し、速乾性があるよに表示されている。エアリズムコットンは、表を地をコットンで、裏地をポリエステルしているので、水分を吸水しないから、汗をかいてもサラサラになるのである。

エアリズムは、東レ、UNIQLOが開発したかのように感じられるが、この技術は昔からあるポリエステル技術だ。でも、時代に合わせて、エアリズムというネーミングでブランディングするのは、さすがUNIQLOであるし、埋もれている技術を世に出していくのは上手だ。さすがというしかない。

では、エアリズムコットンクルーネックT デメリットを説明しよう。

①ポリウレタン糸を使用しているため、収縮性はあるが、耐久性はないので、ワンシーズンを使用するとポリウレタンは、確実に劣化してしまう。耐久性がないと思われる。

②エアリズムコットンは、綿71%なので、通常のエアリズムとは違い、コットンは速乾性は悪いので、エアリズムの謳い文句の「着ている方が涼しい」とはいかない。

③ポリエステルは、油汚れを吸収しやすいので、首回りの裏地は汚れやすく、雑菌が残りやすい。

④金属消臭なんで、肌が金属負けする人は、かゆくなりますので、注意してください。

⑤環境問題ですけど、現在、世界的にサスティナブル(簡単に言えば、エコロジー、倫理)になっております。ポリエステル織物は、公害であるため、世界の海は、マイクロプラスチックで汚染されています。ここ数年には、世界的に大きな問題になっています。コンビニもレジ袋を中止にしましたのも、プアラスチックをし使わないのが、現代のエコロジーです。なかなかリサイクルしにくいのがアパレル製品です。

ニューヨーク・タイムズに掲載された記事です:「たとえ、これらのマイクロプラスチック繊維が濾過プラントで吸着されスラッジの一部となったとしても、そのように生成されたスラッジはしばしば、農場に送られて肥料として使用される。 そこからマイクロプラスチック繊維は他の水脈や、その肥料で育てられた植物を食べる動物の消化管に入り込む」

もう、我々の体にも、沢山のマイクロプラスチックが入っているんですよ。本当に危険なんです。洋服で洗濯から、沢山のマイクロプラスチックが海に流されて環境を悪化させているんです。

個人的な見解だがスポーツや肉体的仕事をしている人達には、エアリズムは本当にいいとおもうが、室内で温度調整できている環境であれば使用しないで欲しいですね。。私はエアリズムは今後、普段着では買わない。使用するとすれば、購入したエアリズムコットンクルーネックTは、早朝散歩やゴルフの練習着に使用します。私は、コットン100%のTシャツを、今後は買い続けます。

マイクロプラスチック問題は、ググって調べてください。