CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

三保原屋さんとのコラボ 静岡県のものづくり

2021.11.15

創業300年を超える静岡呉服町通りの雑貨屋。 キッチン雑貨や和陶器、服飾雑貨やインテリアの販売をしているお店です。

静岡市と言ったら、三保原屋さんですね。

私でも、唯一、知っているお店の名前が言えるのは、ここでだけですから。

    

出会いは、2年前に、三保原屋さんが、弊社に訪ねてきてくれたのが、キッカケになりました。

福田織物、創業から55年以上、メーカーとして作りあげたオリジナルテキスタイルを見ていただきました。

専務さんは、バイヤーとしての目利きは、長年、築いてきたものがありますので、福田織物の生地のクオリテイを理解してくれたと思っております。

福田織物は、国内の有名なブランドや、海外のラグジュアリーブランドにも、弊社の生地を使用していただいております。

そのような生地の良さを、静岡県民にわかっていただければと思いがありましたので、静岡県のど真ん中にある静岡市の、三保原屋さんで、遠州織物を発信できれるキッカケができました。

現在、福田織物が開発した、「光透けるストール」「BECCOコースター」を販売をして頂いています。

その他にも、現在、三保原屋さんのスタッフと、コラボ商品開発を行っております。

弊社の、サンプル生地を、熱心に見ていきますが、時間を経つのがわからないのでしょうか?長時間生地を見ているのは、半端ないですね。

その光景をみていると、とても嬉しく感じます。

今後は、三保原屋さんと、コラボ商品を開発していく予定であります。

楽しみに待っててください。

 

「光透けるストール」と「BECCOコースター」は、現在、三保原屋LOFTで、1Fで販売されております。

是非、見に来たくだされば、ありがたいです。

■三保原屋LOFT
静岡市葵区両替町2-4-1
http://www.mihoharaya.co.jp/loft/

     

商品説明

光透けるストールとは?

超長綿の中でも、更に、優れた綿花を使用しています。世界で5%未満しか獲れない原料を使用しております。

シルクのような光沢感は、超長綿の原料しかでないもので、触り心地は、今までの綿の概念を吹き飛ばす位です。

夏から、冬まで、オールマイティな素材で、夏は、汗の吸収率がとても良く、細い綿糸なので、通常の綿より、とても乾きやすいです。

冬は、生地が薄くた柔らかいので、なんとなく、寒く感じている人が多いのですが、実際に、光透けるストールの、生地が何重に重なるので、生地と生地の空間のなかに、暖かい空気層ができるので、とても暖かく、そして、綿の特有な保湿効果もあります。肌が弱い人には、冬ストールに、もってこいのコットンストールです。

洗濯は、手洗いができるので、とても衛生的なストールです。

柔らかさは、とても保温効果がるので、とても重要になります。

 

BECCOコースターとは?

BECCOとは、まず何かというと、コール天であります。

   

【上記の生地が、次世代コーデュロイ生地になります。】

生地の柄を見るだけで、わかりにくいかもしれませんが、福田織物が中心となり、遠州織物の職人、浜松工業技術センター、若手デザイナーとで、次世代コーデュロイBECCOを作り上げました。BECCOとは、別珍コーデュロイの俗語になります。50年前には、遠州では、別珍コール天のことをベッコと言ってましたが、月日がたつにつれて、誰もが知らない死語になっていました。遠州産地コール天の復活を祈って、当時BECCOプロジェクトをたちあげてのが、キッカケでした。

10年の開発をかけて、BECCOが完成されましいた。過去には、BECCOに近いコール天がありますが、それは完成されていなかったのです。基本ベースは、遠州のコール天の技術を、アップデートを重ねながら、問題点を解決してきたので、現在は、ほとんどの検査基準は合格になっており、世界に向けて、遠州織物次世代BECCOコーデユロイを世界に発信しております。

今回は、福田オリジナルで、三保原屋さんに、コースターとして販売していますので、世界初のコール天の柄ものを、見てくだされば、とてもありがたいと思っています。

この機会に、三保原屋さんで、遠州織物の生地を、たくさんの人に見ていただければと思っています。

三保原屋