CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

刺し子3重織 世界に売れた理由とは? 

2022.04.11

30年前に、開発した「刺し子3重織」なぜ、世界に売れた理由とは?

1990年には、福田織物が、賃織り加工~テキスタイルメーカーになったときのころに開発された生地である。

そのときから約30年前はテキスタイル展示会にでて「子3重織刺し」販売していたが、残念ながら2015年まで、全く売れなかった。

しかし、2015年後から、海外から「刺し子3重織」が売れ始めた。

いくつものの欧米ブランドに売れ、2018年には国内まで売れるようになった。

現在でもコンスタントに、国内外にも販売を行っている。

今回は、この生地「刺し子3重織」が何故売れたのかを分析していきたいと思っている。


目次

売れた理由

①刺し子の生地表面が独特な凹凸感がある。

②生地の厚さがしっかりしている

③生地の刺し子のテキスタイルデザインが良い

④トレーサビリティ


上記の件が、海外のブランドが購入決定した理由であると思われる。

 

①刺し子の生地表面が独特な凹凸感がある。

初めから生地表面を凹凸感を出すために、変形3重織組織を開発した。

組織も複雑だが、生地を部分的なところを膨らみをつけるために、5種類の異なる太さの糸を使用してテキスタイル開発をおこなって、

あえて凹凸感を出してみた。

 

②生地の厚さがしっかりしている 

3重組織を用いたテキスタイルなので厚みはかなり出てしまった。

そのうえ綿糸でも最高に太い糸と細い糸の組み合わせが、かなりの膨らみと厚さができてしまった。

目付は。なんと315g/mもあるのでテキスタイルもライトヘビー級になったしまったが、そのウエイトが海外受けてしまったと思われる。

 

③生地の刺し子のテキスタイルデザインが良い

やはり見た目の「刺し子3重織」のデザインはGOODですよ。

イメージはミシンのステッチなので、相当リアル的にデザインされたテキスタイルだ。

 

④トレーサビリティ

福田織物では、生地生産は弊社で織っています。

加工も国内の染色工場を使用しています。

遠州産地と国内の織物産地をしよう

 

織物工場:有限会社福田織物

住所:静岡県掛川市浜川新田771

染色加工:鈴木晒整理株式会社

住所:静岡県浜松市中区助信町43-11

 

メンズをイメージして織ったテキスタイルだが、初めて購入してくてたフランスのレディスブランドだっが、その後からメンズブランドの購入が増えていった。