CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

洋服の色落ちしてませんか? 遠州織物工場のテキスタイルデザイナーが色落を解説

2021.05.20

夏服の洗濯を教えます。

夏になると、洗濯ものが増えますよね。

新しい綿100%の素材は、洗った後の袖を通した気持ち良さがあります。

すぐに、洗濯機に放り投げてて洗いませんか?

気に入った夏服を、少しでも、長く着用したいですよね。

洗った後のダメージの一番は、洋服の色落ちしてませんか?

いかに変退色を少なくするかを、皆様に伝授します。

では、福田織物で、40年以上、テキスタイルデザインをしてきた、私が、洗濯の仕方をロジックで解説していきます。


目次

①着用時に人間のかく汗によって染料が泣き出したり、変退色することがあります。

②洗濯の水の温度で色が抜ける

③スレ

④干し方「耐光堅牢度(たいこうけんろうど)」

⑤洋服製品の色の選び方

まとめ


①着用時に人間のかく汗によって染料が泣き出したり、変退色することがあります。

いつも同じ季節感で洗濯方法だと服についた汗染みがしっかり落ちず、臭いや黄ばみの原因になり、とても落ちにくくなります。

そして、汗で濡れた服を放置する時間が長くなればなるほど、雑菌がどんどん増え、とくに襟部分などは、油分もふくまれると、色変化が起こります。

汗、皮脂汚れは、しっかり洗濯して落としてください。

 

②洗濯の水の温度で色が抜ける

夏に着た服は、出来るだけ早く、まめに洗濯をお勧めします。

洗い方なんですが、汗を落とすため40℃のぬるま湯で洗濯するのはいいんですが、テキスタイルのプロからするとNGですね。

白い生地では、40℃以上で洗えば、完璧に汗や汚れを取り除くことができますが、

色の着いた洋服は、40℃以上で洗えば、色まで退色したり、染料が抜け出ますので、ご注意を下さい。

せっかく好きな色が落ちると、ショックですよね。

だから、夏は水道水が熱かないうちに洗濯をすることをお勧めします。

一般的には、夏の水道水は、20~28℃位ですね。

 

③スレ

洋服でも、パンツなど、生地の硬いものは、洗濯やタンブラーなどは、必ずスレが発生します。

生地の厚いものは、生地の表面に染料がついているものもあり、洗い方がハードだと、洋服と洋服が重なり合って、生地が傷み

スレなどでて、大きなシワ形状の所が白っぽくなってしまいます。

 

④干し方「耐光堅牢度(たいこうけんろうど)」

夏は外で干すと、とても気持ちがいい乾き方して、あの干したあとの洗濯の香りや、サラッした感覚はたまりませんね。

しかし、残念ながら色落ちがするんです。

実は、洗いだけではなく、紫外線による色落ちもするんです。

テキスタイルでは、「耐光堅牢度(たいこうけんろうど)」いう試験があります。

「耐光堅牢度度試験」とは、光の作用による色の変化の程度(変退色)を評価するための試験です。光には、色褪せを引き起こす作用があります。

紫外線を当てると、確実に生地の色が抜けていきます。

太陽光線の紫外線によって、染料が分解し、変色、退色を起こします。曇りの日や蛍光灯によっても変退色することがあります。

特に、黒や濃色は、紫外線は天敵になりますので、ご注意お願いします。

だから、紫外線を避け、陰干しをお勧めします。

また、染色物が水にぬれて放置されたとき、変退色したり、白場を汚したりすることがありますので、すぐに乾かして欲しいです。

乾いたら、すぐに畳んでタンスや、クローゼットに入れてください。

 

⑤洋服製品の色の選び方

色には落ちにくい色と、落ちやす色があります。

色は、なるべく淡い生地ほど色が落ちにくいです。

逆に、濃色、黒や濃紺は、色落ちは激しいですね。

特に、夏になると汗などによる色変色、耐光堅牢度も悪いのが濃色になります。

色抜けは、繊維全体的に言えますが、とくに天然繊維、綿、麻などは色が変わりやすい、抜けやすいので承知してください。

 

まとめ

①夏は、汗が、染料の反応して変退色を起こす場合がる。

②染色物が水にぬれて放置されたとき、変退色するので早く乾かすこと。

③太陽光線の紫外線によって、染料が分解し、変色、退色を起こします。曇りの日や蛍光灯によっても変退色する

④洗い方がハードだと、洋服と洋服が重なり合って、生地が傷みスレなどでて、大きなシワ形状の所が白っぽくなってしまいます。

⑤洗った洋服は、タンス、クローゼットなどに保管すること。

以上が、この内容を知っていれば、少しでも洋服のダメージ、色落ちを少なくすることができます。

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 洋服の色落ちしてませんか? 遠州織物工場のテキスタイルデザイナーが色落を解説