CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

CONTACT US

Tel 0537-72-2517 / Fax 0537-72-5025

MAIL
© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

日本製のコーデュロイは、スゴイ

2019.12.27

日本製のコーデュロイと海外製のコーデュロイの差ってあるの?

こんな質問がきます。

日本製コーデュロイは、海外製と違う3つ理由

①柔らかい。

②膨らみがある。

③パイルのかまぼこ状になっている。

なぜ、海外製とは違うのかは、コーデュロイの作り方が違うからだ。

日本独特な、仕上げ工場があり、豊かな水を利用しながら、生機(染前)を時間をかけて洗いをする。

水に揉まれて綿パイルは、糸からワタ状になり、膨らみあるコーデュロイの下地ができる。

そして、染める。

海外では、この工程がなく、生機をそのまま染めるわけで、膨らみがなく、パイルが寝ているような

固いコーデュロイになる。

海外から作られたアパレル製品が、95%以上日本に入ってきている。

ですので、ほぼ皆さんが購入されているコーデュロイ洋服は、海外産のものだと思ってください。

日本製コーデュロイは、5%未満しかありませんが、海外のトップブランドから

高い評価をうけているんです。

なぜ、やはり、世界で一番柔らかく膨らみ、パイルがかまぼこ状になっているコーデュロイは

日本製しかないからです。

5%未満ですが、もし買い物にでかけたついであれば、日本製コーデュロイを見つけてください。

写真を見てもらうと、かまぼ状になっていいますね。

 

れが、日本製コーデュロイです。