CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

CONTACT US

Tel 0537-72-2517 / Fax 0537-72-5025

MAIL
© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

綿高密度織物が生地値が高いわけ?

2019.12.30

織物の変わるものと、変わらいものがある。

伝統的な織物は、原理原則があり、変わらないことが付加価値だと思う。

現代のテキスタイルは、日々、織物が革新している。

昔は、綿100%ローンとか、ブロードとか言っていた時代もあったが、現在では、様々な綿平織りがあり、昔の品名で言えなくなっている。

30年前に、一般的には100/2として、織物は売れられていたが、綿100/1織物は、ハンカチなどあったが、ファッション素材では無かった。

綿100/1平織りを、企画、製造、販売としておこなってきたのは、当時は、福田織物だけだった。

30年前の話だが、テキスタイル展に出展して、綿100/1平織りを見せたいたころ、当時は、こんな薄い生地で何の洋服を作ればいいの。

と、アパレルデザイナーに言われたことが懐かしく思う。

あれから30年たつが、今では、綿100/1平織物は、薄くても当たり前に、店頭でアパレル製品として売られている。

昔は、ローン、ブロード、タイプライターなどの、企画があったものを生産した。当時100/1以上の細い綿糸で織られているものが、

無かったので、自分が勝手に、生地にローンとかブロードの名前を付けていた。

現在は、糸の進化により、綿100/1織物は、誰でも気軽に織れる時代になった。

また、サイジング糊付けの技術や、織物製造技術の進化で、綿細番手織物ができるようになった。

 

さて、福田織物の高密度綿織物がなぜ生地値が高いか?の説明をしよう。

産地の中で、福田織物を足を引っ張る勢力があるのは、確かにいる。

2年前に、綿140/1高密度が織れなかった年があった。翌年には、福田織物が織れないと悪口を言いふらしているヤツがいた。

福田織物が、世界発、綿140/1高密度織を織ったし、多くのアパレルに綿140/1生地販売も行ってきた実績がある。

綿140/1も織ったこともないヤツか、福田織物の綿140/1テキスタイル企画をパクッて織っているのか知れないが、

今の、テキスタイルは、感性では織れないんだよ。

要するに、全てが、科学と技術と数値化で、福田織物の織は行なわれているんだ。

 

超細番手超高密度織の秘密を説明しよう。

①糸の銘柄(ブランド)に、こだわりがなく、良い糸と限らないからだ。目利きは、織物職人として重要なスキル。

②綿は、植物なので、自然から種子を守ろうとしているから、環境や気候によって、綿(ワタ)の繊維質が決まる。

だから、超綿細番手糸の、の良いもの、悪いものは、シーズンで決まる。

いい年のものは、買いあさる。

③超長綿は、油分が多く入っており、サイジング糊付けが難しいため、糊が綿糸に付着されるための糊の開発と高い値段の糊剤がかかる。

④超細番手織物は、糸が細いため、生地にすると、太い糸の数倍の本数が必要になる。

⑤この、超細番手綿織物生産が、できるのは、日本で福田織物しかできないし、生産性は、非常に悪い。

要するに、糸が超細いから、切れる、織れないから。基本的には、普通の織物工場では、絶対織れない。

⑥糸が細くて生地が薄くても、超高密度だから、染色性が悪い。染色工場は、本当に嫌がっています。

染色職人は、素晴らしい染色、感謝しています。