CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

遠州織物 福田織物オンラインショップ

2020.05.31

コロナショックで、オンラインショップをやるキッカケになった理由は?

歴史的に残る出来事、新型コロナウィルスで、世界的に、580万人 死亡者36万人がでている。日本の国は、新型コロナ感染のために、緊急事態誓言で、経済が止まってしまった。

特に、影響を受けたのが、3蜜になるサービス業であった。特に、都市中心の小売り店、代表は、百貨店、セレクトショップ、専門店などが、コロナ自粛のため、閉店となった。そのため、アパレルは、販売ができなくなり、昨年対比60%の売り上げ落ちた。飲食店よりも、ファッション関連の方が、落ち込み方が酷かった。

また、東京での、テキスタイル展示会、TNJ、PTJなどの展示会などが4月、5月の展示会が中止になり、2021年SS展示会ができなくなってしまった。5月のGW明けでも、緊急事態誓言が解けず、ようやく5月25日から緊急事態誓言がが解けた。アパレルもリモートワークから、通常の仕事に戻れるのは、6月1日頃になる感じだが、アパレルも、ようやく2021年SSの準備に動き出し始めた。しかし、3ヵ月前の通常の状況に戻れないこと気付かなかせることになる。新型コロナは、終息した分けではないのだ、油断すると、感染者が増えていくのであり、第二波の恐れが出てきているのである。

アパレルからは、東京に出て、プレゼンしてほしいとか、来なくても良いから、新作サンプルハンガーを宅配で送って。と考え方がまちまちになっている。そこで、考えたのは、福田織物インターネットでの、生地販売なのだ。

今回の、オンライン販売の目的を説明しよう。

①展示会が無くなったため、オンラインショップだが、そこでテキスタイルを見てもらう。

②こちらから勝手にサンプルを送るには限界がある。

③きっとオンラインショップで、生地を買うデザイナーは、いないと思う。しかし、今回は、新型コロナウィルスのため、今までのように、人が移動するにはリスクがある。

④東京では、約2ヶ月近く、百貨店、セレクトショップ、専門店などが開いてなかったので、アパレル、小売りなど、アパレルSS製品の在庫が、増えているため、経営が苦しくなっている。勿論、弊社も同じだが、今回は、特別に、ファッションデザイナーを守るため、定価価格より30%~50%以上安くテキスタイルを販売している。

⑤今回の、オンラインショップ生地販売は、福田織物のストック販売のみとなっている。

販売先は、https://garage.ocnk.net/

福田織物のテキスタイルとは

※福田織物で販売しているテキスタイルは、99%が福田織物の自家工場で織られたものである。残り1%は、静岡県で織られた仲間のものである。

※加工場は、静岡県の遠州産地の加工場70% 残りの30%は、日本各地の染色加工を行っている。

※原料、天然素材、特に綿が80%、麻が18% その他が2%の割合になっている。

※SDGsを目指した、取り組みを行っているので、エコ、トラサビティ、人材育成も含めて活動している。

※大量生産は行っていないが、究極な少ロットも、エコではないと思っているので、やはり地球環境を意識しながら生産を行っている

では、福田織物の生地の説明など、週1本程度、Youtubeに投稿していきますので、是非見てください。

ホームページは、http://fukudaorimono.jp/