CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column24】野菜の皮で染液づくり 草木染め

2020.09.03

こんばんは

バックヤードの山本です。

 

本日は以前の工場で見つけた鉄で鉄媒染をつくりたいで

作った鉄媒染液を実際に使うべく、

染液をつくりました。

(鉄媒染づくりの回のコラムはこちらです)

今回の染めテストでは

野菜の皮を使うことにしました。

前回の黄金花は1日で、染液づくりから染めまで

行ったのですが、今回は1日放置で液を酸化させたいため

2日にわけて実験します。

 

もちろん、生地はオンラインストア掲載のもので◎

最近は染め用にオーガニックコットンを

ご購入してくださるお客様も多いので、

オーガニックシリーズからも何種類かピックして

染めてみようと思います。

 

 

そして今回、色をいただく野菜は…

 

!アボカド!です

 

ここ2週間くらいは毎週末スーパーで

アボカドを買い、可食部を取り除いた

皮と種を冷凍保存していました。

アボカド、もともと好きな食べ物なので

いつも捨ててた皮から染められるなら

やってみたいな〜と思いアボカドにしました。

 

 

冷凍保存していたアボカド皮は3個分、

これに本日の夕食に使った、剥いたばかりの

アボカドの皮1個分。

合計4個のアボカドで染液をつくりました。

 

以下、本日使った道具や材料です。

・アボカドの皮と種 4個分

・ステンレス鍋

・ステンレスボール2個(煮出した染液を入れるよう)

・おろしたてのスポンジ(またはタワシ)

 

 

今回、染液づくりにあたって

色々調べて、自分用にアレンジしてみました。

(時間を短くしたり順序を変えたり)

わたしもまだ2回目のチャレンジです。

なので、これが正しい、上手くいく方法とかは

まだわからないので、

一つの体験談として読んでいただけたらと思います。

 

↑アボカドは、可食部が無駄にならないように

なるべく綺麗にくり抜きました。

 

↑皮に少しでも可食部が残ってると、綺麗な色に染まりにくいそうなので、

新しい食器用スポンジのストックをおろして

それで皮をごしごしして、残っている部分を

取り除いて洗いました。(タワシでもよいかも)

↑種と皮の水気を切って、

種を包丁で刻み、皮は手でちぎりました。

種は固すぎるじゃがいものような固さなので、

包丁で切るときは手を怪我しないように気をつけてください!!(大事)

ぬめりと、コロンとした形とで、切るときに

手が滑りやすかったです…

 

↑皮と種をステンレス鍋にいれて、

水を1リットル入れました。

水の量は、皮と種がちょうど浸るくらいの目安で

決めました。

 

火にかけて1時間煮出します。

沸騰させてしまうと、茶色くなってしまうようなので沸騰するかもしれない…くらいのところで

火を止めました。

1時間の間に2〜3回、かき混ぜました。

↑1時間経ちました。

色が濃くなっています。

ざるにあげて、染液と皮種をわけます。

皮種は軽く水を切って、またステンレス鍋に戻します。

ここで一番液がとれました。

アボカドの皮種を空気にさらして酸化させるために、この状態でまた1時間放置しました。

(たまに皮種をかきまぜる)

 

1時間たったあと、

また同じ容量で皮種のはいってステンレス鍋に

水を1リットルいれて1時間煮出しました。

2番液をとります。

↓水を入れた瞬間

 

↓1時間後

一番液よりは透明度がたかい色だけれど、

1時間経ち、色が濃くなっています。

同じように、ざるにあげて皮種と液をわけます。

皮種はステンレス鍋に戻し、2回目はこの状態で15分放置しました。

(時間がなかったため…)

 

 

15分後、今度は3番液をとります。

水1リットルを皮種がはいったステンレス鍋に

いれて、同じ要領で煮出しました。

 

3番液は30分煮出すことにしました。

(これも時間がなかったため…)

 

 

↓30分後

 

やはり3番液がいちばん透明度たかく薄い色です。

 

 

1、2、3番液を並べてみました。

左から1、2、3です。

1番液はピーチ紅茶みたいな色ですね。

写真だと黄色が強く見えますが、

これにほんのり赤みがかかっているような色です。

このグラデーションだけでもきれい〜と思いました。

 

 

このあとは1、2、3番液を全て混ぜて

丸一日放置して酸化させます。

ステンレス鍋を一度洗って、

そこに全ての染液をいれました。

ちなみにここで、念のため液を漉しました。

やはり、このくらい細かいカスがあったので

漉して良かったです。

 

 

ここからこのステンレス鍋を明日まで放置して、

明日の夕方〜夜にかけて、

いよいよ染めてみたいとおもいます◎

 

黄金花染めのときと同じアルミ媒染と、

先日つくった鉄媒染液で…!

↓先日つくった鉄媒染液

 

染めるのが楽しみです。

前回の染料の黄金花は、染料ショップで購入したものだったので

比較的安定していたのかな、と思っています。

今回は、自分が食べた野菜の皮、そして手作り鉄媒染液…

どんな風に染まるか緊張します。

 

 

また、染めあがりはコラムにて書きたいとおもいます。

 

それでは、次回は月曜日に更新します。

 

山本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column24】野菜の皮で染液づくり 草木染め