CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column25】福田織物のヘンプ生地、オンラインストアで販売します

2020.09.07

こんにちは

バックヤードの山本です。

掛川は、先日から一日の中で晴れたり、突然大雨、かと思いきや

また晴れたり・・・という落ち着かない天気が続いています。

 

先日の染液づくりのその後ですが、実際に染めてみました。

工場でつくった鉄媒染液は、私的には大成功(?)しました!

こちらに関しては今週の木曜日のコラムで書きたいとおもいます。

本日は、オンラインストアで新しく掲載したヘンプ生地についてご紹介させてください。

 

ヘンプ生地、オンラインストア限定でカット販売
天然繊維の中でも群を抜いてとても優秀な素材、
希少価値が高く、今まで福田織物ではヘンプ100%生地のカット販売はしていなかったのですが
もっと沢山の人たちにヘンプ素材を体感してみて欲しい、という思いから、
この度在庫限り、オンライン限定でカット販売をすることにしました。

 

NO.5 ヘンプ80/1 の商品ページを見る

 

 

ヘンプ(麻、大麻)の特徴

(1)調湿性
ヘンプ繊維には無数の微細穴があることから調湿性に優れています
湿度が高いときには吸湿し、湿度が低いときには法湿して湿度を一定にします。

(2)抗菌性・静菌性
ヘンプには天然の制菌性があり、ヘンプ糸は、抗菌性基準は3.9以上(繊維評価技術協議会のSEKマーク基準値は2.2)あり、
菌の増殖を抑制します。抗菌性はヘンプ99%に対して、リネンは80%になります。抗菌性はヘンプの方が優れています。

(3)消臭性
JISで定められた消臭性の最適基準はアンモニア70%にたいして98%以上、酢酸は80%に対して、94%あり消臭性に優れている。

(4)強力性
ヘンプは、その他の繊維素材と比べてると、圧倒的に強力であります。また、湿気を与えると更に強度アップします。とても耐久性のある素材です。

(5)UVカット性
ヘンプはUPF(紫外線防止指数)50(非常にいい)良いです。

 

ヘンプの特徴に関しては、以前社長が更新したコラムを読んで頂いた方が

分かりやすいかと思いますので、最後にリンクを貼っておきます。

 

福田織物のヘンプといえば、ヘンプマスクですが
もともと、社内勉強会にてヘンプ素材の効能については詳しく社長から説明があり
すごく優秀で、面白い素材だから今後福田織物で力をいれて開発していきたい素材、とお話していました。

そこで、福田織物がマスク製作をはじめた3月に、素材のセレクトでヘンプが選ばれました。

最初は「ヘンプでつくってみたらどうだろう」という様子でした。

早速、サンプル製作したマスクを社員全員で着用してみたら、息もこもりにくいし、
消臭性も抜群で清潔、すごく快適で。

もともとマスク着用が苦手だった私、正直布マスクなんてもっと苦手かも・・・と思っていたのですが

ヘンプの素材は予想以上に効能を実感できました。

身近なマスクにしてみたことで、社員全員もこの「ヘンプ」という素材の

効能をダイレクトに実感しています。

 

今回、オンラインストアで掲載しているヘンプ生地は80/1という細番手で織った生地。

写真ではなかなか伝わりにくいですが、ヘンプ特有のハリ感はありつつも

糸が細いので生地表面のツラ感がすごく綺麗な生地です。

 

そして福田織物のヘンプ生地は改良を重ねています。

一般的に販売されているヘンプ生地含み、ヘンプ素材は通常、縮み率が約10%ほどになり

こちらが唯一のヘンプ素材の使いづらいところかもしれません。

今回のヘンプ生地は、マスク製作などに使いやすいよう、

縮みが約3~4%でおさえられるように福田織物と信頼のおける国内の加工場で特別に開発した生地です


おすすめ用途

・マスク製作(本当にすごく快適なマスクがつくれます。)

・染色用(染め可能です)

・シャツ、ブラウス(強度とハリのあるシャツやブラウスをつくりたいかた)

 

こちらの生地、シャツ・ブラウス向けに企画されたテキスタイルなのですが

今回はマスク製作の際に、口元にも安全にお使いいただけるよう敢えて柔軟を施していません。

(通常、生地には柔軟仕上げされているためマスク内側生地には仕上げされていないものがおすすめです)

そのため、ヘンプ特有のハリと強度ある適度な硬さに加えて、少しパリッとした風合いになっています。

洋服製作などでご使用の場合は、事前にご自宅で水通しも兼ねて、

洗濯機でも揉み込んで頂きお手持ちの柔軟剤で仕上げていただくことをお勧めしています。

私も、本日掲載しているヘンプ生地を工場の洗濯機で洗って柔軟で仕上げてみました。

柔軟なしの状態と比べて、特有のハリはしっかり保ちつつしなやかな風合いがでました。

もし、(マスク以外にも使いたい)という方はやってみてください。

(本日のインスタグラムにて比較動画をのせてみました。Instagramはこちらから)

 

また、この方法は、オンラインで「染め可能」と表記している他の生地にも使えます。

染めないで、白のまま使いたい・・・少し柔らかい風合いにしたい・・という場合は

事前に水通しもかねて洗濯、柔軟をしていただければと思います。

 

今回は一種類のみ、在庫限りの限定販売になりますが

50cm単位で掲載しておりますので、ぜひヘンプ素材を

お試しいただくきっかけになれば幸いです。

 

へンプについてもっと知りたい方へおすすめのリンクです◎

(1)テキスタイルコラム「ヘンプマスクの特徴」(クリックでリンクにとべます)
(2)YOUTUBE「HEMPテキスタイル」(クリックでリンクにとべます)
(3)YOUTUBE「ヘンプマスクが長く使用できる理由」(クリックでリンクにとべます)

 

今後も、機会があればヘンプ生地のカテゴリを少し増やしてみたいと思います。

その時はまたお知らせさせてください。

また、現在秋冬におすすめとしてオンラインストア掲載する生地を選んでいます。

ショールームの生地ハンガーをひたすら触りながら、ストックで品番を確認しているのですが

秋冬向けは織りや加工がこだわっているもの多く、とても面白い生地ばかりで、ついつい夢中に

なってしまいました。

秋冬の生地もお手に取っていただくのが楽しみです。

 

 

 

それでは次回は、アボカド染めの続きを木曜日に更新します。

 

山本

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column25】福田織物のヘンプ生地、オンラインストアで販売します