CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column41】織り組織アプリと新着生地のご紹介

2020.11.09

こんばんは

バックヤードの山本です。

 

先日の織り組織シリーズ

backyard column 39 織組織図について②綾織り

で書いた織り組織図なのですが、

面白いアプリがありましたので

ご紹介します。

母校の(東京造形テキ)の現役の学生のフォロワーさんから

Instagramで教えてもらいました。

 

それは「my weave」というアプリ…

 

 

最初使ったとき、

こんなことがiPhoneでできるのか!と

感動したのですが

織り組織図を入力すると

そのシュミレーションを3Dで確認できます。

 

前回のコラムで紹介した2/1右綾の織り組織を

実際にアプリでやってみました。

↑アプリの画面です。

このwarp(x)というのがx軸、横方向のマス目(ヨコ糸)

warp(y)というのがy軸、縦方向のマス目(タテ糸)

 

です。

 

今回入力してみる2/1右綾組織図は6マス×6マス

にしてあるので

同じようにどちらも6を入力し、

下メニューのedit weave というメニューを押します。

↑6×6のマス目がでてきます。

↑マス目をぽちぽちして組織図を入力していきます。

ちなみにこのアプリだと、

赤色がタテ糸、白色がヨコ糸の認識になるみたいです。

最初に載せた白黒の組織図の、黒部分が赤になるように打ち込んでいきます。

↑できました!

そして下メニューの3Dweaveを押します。

 

↑ 織り組織図が3Dに変換されました!

糸のような形状でシュミレーションされているので

織り組織図から実際の糸の交差のイメージが

少しわかりやすくなったかと思います。

 

これ画像しか載せられないので伝わらないのですが、

アプリだと指の操作で、この3Dを360℃見れるようになり

よりわかりやすくなります!

 

ちなみに、これだと組織図のリピートが少なさすぎて

綾目が分かりにくいので

上の左から3つ目の■のメニューを押して

もう少しリピートを広げてみました。

綾目が分かりやすく見えるようになったと思います。

表裏の糸の交差の様子がわかります。

ちなみに2/1右綾の裏側は

1/2左綾になります。

タテ糸の浮きが多かったタテ綾の表が

反転するので裏側はヨコ綾になります。

白色が目立つようになりました。

 

このアプリ、デザインシステムほど

細かく設定はできないので

出来ることに限りはあるのですが、

3Dで見れるというのは凄いです!

例えば、二重織りや三重織りなど

多重織りの組織図をつくるときは

3Dで表から裏までの糸の動きを確認でき、

糸の交差がイメージしやすくなるので

便利かなとおもいました。

 

こんなアプリがあるなんて

凄いなあ〜、、としみじみ。笑

iPhoneひとつで出来てしまうのも凄いです。

 

以上、私が感動したマニアックすぎるアプリの紹介でした。

 

また機会があれば、

今度はこのアプリを使って二重織り組織について

書きたいと思います。

 

 

気づけば11月も2週目になり、

今年ももうすぐ終わりますね。

私は年末に向けて、コツコツ片付けや掃除を

進めてます。

 

 

先日、生地のオンラインストアに

新しい生地を掲載しました。

 

こちらをクリック■NO.32 細番手で織り上げたトリプルコットンガーゼ 3color

早速、ルームウェアやワンピースに仕立てるとのことで

ご注文何件かいただいており、

使っていただくのが楽しみなガーゼ生地です。

ぜひこちらの新着生地も覗いてみてください◎

 

 

それでは次回の更新は木曜日です。

山本

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column41】織り組織アプリと新着生地のご紹介