CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column46】水彩画のような絣テキスタイル 織りだしました 

2020.11.30

こんばんは

バックヤードの山本です。

 

本日はぐっと寒くなりました。

これまでかたくなに半袖で仕事をしていましたが、(動きやすいから)

ついに長袖に衣替え・・・

それでも寒くてマフラーも巻きはじめてしまいました。

みなさん体調崩さぬようお気を付けください。

 

そんな空気が冷たくなってきた今日この頃とは反対に

現場ではSS春夏生地の試織がはじまっています。

 

本日のコラムリンクまとめです。

【絣テキスタイル企画】

【backyard column10】新しい生地企画がはじまります

【backyard column18】生地企画、奮闘中です…テキスタイルデザイン日記

【backyard column27】水彩画のような絣糸 テキスタイルデザイン日記

 

こちらのコラムで進行していた、絣テキスタイル。

先日からついに織機にかかり織りがはじまっています。

 

絣と晒の組み合わせ

 

特注でつくってもらった絣糸が綺麗です。

 

 

今回は、column27でも書いたように

社長からいただいたお題を受けて、自分の解釈というかイメージは

(水彩画のような)(フリーハンドでかいたような線)を狙いにしていましたが

かなりイメージどおりの線が織機の上で描かれておりました!

今回は絣糸の染めピッチから縞割、緯糸指示までの工程で

どうしたら絣がフリーハンドで描いた線のような出方をするか?ということを

考えながら進行して設計してみたものです。

 

最初はイメージ画を自分で書きながら

デザインシステムで絣糸をシュミレーション作成し

織りシュミレーションしたわけなのですが・・・

絣だし、実際の織りとシュミレーションでは出方が変わるだろうなあ、と思っていましたが

実際に織ってみてびっくり。シュミレーションとほぼニアであがっています。

デザインシステムの精度がすごいですね。

デザインシステム×現場を活用してデザインしていけるようこれからもっと覚えます。

現場があるからこそ、このデザインシステム楽しく使えている気がします。

 

 

左が生地、右がデザインシステムのシュミレーション。

 

 

 

日中に試織分は織り上がったのですが

ツナギまでまだ数mは少し余裕があるとのこと。

夜、少しだけ居残りして夜勤の先輩に晒し糸(白い部分)を色糸に変えて織ってみてもらいました。

 

 

たて糸は変えられないので取り急ぎヨコ糸だけ。

ベースに色が入るだけでも雰囲気変わりそうです。

 

今回の試織がズバリで良いわけではなくて、これをきっかけに自分にとってもお客様にとっても

また新たな絣デザインやブラッシュアップを図っていけたら良いな、と思います。

今回織り出してみて、次回はここもう少し検討してみよう、と思うところも

いくつか見つけました。

 

今後はここから、ドビー組織を入れたり絣糸の染めピッチを数種類いれてみたり、

糸番手を変えたりして、もっと表面感のあるテクスチャーで絣のテキスタイルデザインを

してみたいですね。

頑張ります。

 

 

それでは本日もお疲れさまでした。

 

次回は木曜日に更新します。

 

山本

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column46】水彩画のような絣テキスタイル 織りだしました