CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column59】光透けるストールカスタムオーダーのQ&A

2021.02.01

こんばんは

バックヤードの山本です。

 

掛川は、先週から少しずつ暖かくなってきて

とても過ごしやすくなりました。

工場や工場事務所内も朝から暖まりやすくなり。

ホッとしています。

 

先日お知らせさせていただいた

光透けるストールのカスタムオーダーメイド、

早速専用キットのお申し込みもあり

お客様と一緒につくる新しい試み、とても楽しみです。

 

カスタムストールオーダーメイドについてはこちらをクリック

 

 

本日のコラムではお問い合わせいただいた内容や

ご質問いただいた内容をまとめてご紹介します。

特設WEBサイトなどの説明だけでは

記載できていない細やかな内容を書いています。

ぜひ、特設WEBサイトと併せてご一読いただけましたら

嬉しいです。

 

 

■カスタムストール Q&A■

 

Q:  どんな糸を使っているの?

 

A:   超長綿を原料とした120番単糸の先染め糸

綿花の繊維長が長く、高級綿です。

極細番手ですが、しなやかでなめらか。

光沢もあり、シルクと見間違うような織りあがりになります。

そんな極細番手の糸を26色の色に染めました。

光透けるストールと同じ糸。先染めverです。

 

Q:  選べるボーダーのデザイン画はどんなデザインですか?

 

A:   巻いた時に変化が楽しめる3種類です

福田織物のストールデザイナーと

バックヤードチームで厳選しました!

3種類のボーダーデザイン画をちらりとご紹介します。

カジュアルなものになりすぎない、

光透けるストールらしいボーダー配置を3種類。

この中から1種類お選びいただけます。

光透けるストールは、薄くて軽やかなため

1枚でアレンジ方法が何種類も楽しめるのが

特徴です。アレンジをしたときに、

見え方が異なるような配置にしています。

 

パターンA

上下にラインが2本入るので、

シンプルに一周ぐるりと巻いた時の端や、

コンパクトに巻いたときに色の変化をつけたい方に

おすすめのパターン

 

パターンB

真ん中で色が切り替わるツートンデザイン、

さらに端にラインが一本入るので

巻いた時に首元から端までランダムに色の変化が

欲しい方におすすめのパターン。

真ん中で半分にたたんでから、

巻くとコンパクトスカーフのように使えるので

真ん中で切り替わる部分の色を、

全く別の色にするのも遊び心があります。

 

パターンC

上下にラインが1本入ったパターン。

アクセントカラーを選んで、

目立たせたいかたにおすすめのパターン。

例えば、糸色は3色選べますが

2色はブルー系の同系色、1色はホワイトにして

ラインを際立たせたい!という場合などは

こちらのパターンがおすすめです。

 

Q:  どのボーダー柄がいいのか悩んでしまいます

 

A:  実際にメジャーでピッチを測ってイメージしてみてください

デザイン画には、ボーダーの実寸のピッチが

記載されています。

もし、迷われた場合や、どのパターンが良いか

悩まれた場合は実寸を測っていただくのがおすすめです。

デザイン画だけで見るよりも、

実際にピッチをはかっていただくと

ボーダー柄の大きさなどイメージしやすくなるかと思います。

 

 

 

Q:   糸の色たちは、織りあがるとどんな色にねりますか?

A:    透明感のある淡い色に織りあがります

今回のカスタムオーダーストールはタテの糸が

真っ白な晒糸になります。

ヨコ糸に、糸色見本からお選びいただいた色を

使います。

そのため、糸の状態の見本の色から

タテ糸の白が混ざり合いストール生地になったときは

透明感のある色に仕上がります。

糸見本には、各色の織りあがりの生地チップも

つけておりますのでぜひご参考ください。

 

Q:  おすすめの色の決め方、配色はありますか?

A:   ①コーディネートにあわせる、②グラデーションをつくってみる、③ホワイトをいれてみる、④とにかく好きな色!

①お手持ちのお洋服にあわせて、

こんな色のストールと合わせたい!

という配色にしていただくのもおすすめ

 

②26色もあるので、例えば同じブルー系でも

何色もあります。贅沢に同系色のみを使用して

グラデーションにしてみるのもおすすめです。

無地ライクなストールを作りたい方におすすめの配色です。

③選べる糸色(ヨコ糸)

のなかにホワイトをいれていただくと

タテ糸が真っ白な晒糸のため、

白と白がぶつかってアクセントになります。

白場の多いストールを作りたい方におすすめです。

 

④シンプルかつ率直に!お好きな色を選んで配置していただくのもおすすめです。

極細番手で、織りあがりも透明感のある色なので

どんな色でも比較的使いやすい仕上がりになります。

 

Q:  専用キットを購入したら必ず本申し込みをしないといけませんか?

 

A:  そんなことはありません!

専用キットをご購入した方は

必ずそのあとのストール製作の本申し込みを

しなければいけないということはありませんので

ご安心ください!

(まずは専用キットを購入してから考えたい)

(専用キットを購入してから本申し込みするか決める)

という場合でももちろんokです。

ただ、専用キットご購入後の専用キットのご返金や返品は出来ませんのであらかじめご了承ください。

 

専用キットご購入後、

(やはり本申し込みは今回は見送り、デザイン画の郵送はしません)

という方も特に連絡は不要です。

お気軽に専用キットお申し込みください。

ただ、専用キットをご購入いただいたお客様には

郵送締め切りが近づく付近に締め切りが近づく旨を

メール、または郵送にてご連絡させていただく場合がございますこと

ご了承ください。

 

※デザイン画郵送、ストール制作代お申し込み後の

キャンセルはできませんのでご了承ください

 

 

 

本日は光透けるストールカスタムオーダーの

Q&Aをまとめてみました。

 

わたしたちも初めての試みのため、

色々ご不便をおかけしてしまうことがあるかと思いますが、

いつでもお気軽にお問い合わせください。

snsからのコメントでも大丈夫です。

 

これからもっと色々な形で

お客様といっしょにつくっていけるような

そんなものづくりのスタイルを目指すために

今回のカスタムオーダーストールがその一歩になれれば良いなと思っています。

 

また期間中は、定期的にQ&Aをまとめていきます◎

 

それでは本日もお疲れ様でした。

次回は木曜日に更新します。

 

山本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column59】光透けるストールカスタムオーダーのQ&A