CLOSE

© Fukuda Orimono All Rights Reserved.

TEXTILE COLUMN福田織物のテキスタイルコラム

【backyard column65】カスタムオーダーメイドストール 「ビームセット編」

2021.04.10

こんにちは

バックヤードの山本です。

 

バックヤードコラムはお久しぶりの投稿に

なってしまいましたが、

4月にはいり、新しい生活がスタートした方も多いのではないでしょうか。

福田織物も4月より新しく入社されたメンバーも増え、

良いスタートを切っています。

 

工場も引き続き、日々織機が入れ替わり

忙しい日々が続いております。

嬉しいことで、ありがたいです。

 

そして、

「光透けるストール カスタムオーダーメイド」

ご応募いただきました皆様、ありがとうございます、お待たせいたしました。

カスタムオーダー専用織機の織り付けが今週無事におわり、今週より1台の専用織機となりました。

 

本日のコラムでは

「ビームセット」の様子を抜粋してお届けします。

 

Instagramでは約1分の動画にまとめて投稿しておりますので

ぜひこちらも併せてご覧ください。

●工場のInstagramはこちらをクリック

●ストールのInstagramはこちらをクリック

 

■ビームとは??

↑写真の、この鉄の大きいボビンのような形のものに

タテ糸を巻いたものをビームと呼んでいます。

経通し、筬通しまで終えたものを織機にセットします。

 

■ビームセットの様子

専用の台車などを使用して2〜3人がかりで

織機にビームを設置していきます。

 

 

■織り付け準備

 

今回は120番手という極細の繊細な糸のため、

通常の織り付けより何十倍も難しく、神経のいる作業になるそうです。

真剣勝負です。

 

 

このビームに巻かれたタテ糸たちを、

織機の前側(織っていく部分)に持っていき、

織り付けをしていくわけですが、

この時点でタテ糸が切れていることもあります。

特に今回の120番手糸は、切れやすく慎重に対応が必要になります。

 

タテ糸は、経通し工程の前の段階で

「綾(あや)」「あぜ」という順番があります。

糸が交互に交差して並んでおり、整経の段階で

そのようになっています。

↓手織りの時の綾の参考写真のため、

工場で扱うときと少し状態は変わりますが、

このように交差している部分のことを「綾」「あぜ」といいます。

 

この「綾」を見て、さらに経通しの指定の順番に

糸を通していきます。

このように、タテ糸には織りの企画によって

順番が決まっているので、

切れた糸たちをむやみに繋げるわけにはいかないので、

綺麗に織りだすためには、状態を確認して

慎重な対応が必要になります。

 

今回は耳付近の糸が切れていたので、

工場長、副工場長、ベテランの織りスタッフが

交代で2名体制で切れてしまっている糸の対応に入りました。

とにかく糸が細いので、切れている糸をなおしているうちに

他の糸が切れてしまう場合も少なくないので

なおすときの手つきも慎重になります。

 

 

ちなみに、Instagramで投稿している動画では

音を小さめに編集しているのですが、

実際は工場の音はものすごく大きく!

(特に音が大きい、

ピカノールという高速織機が現在2台フル稼働

のため本当に大きいです)

 

↑こちらがピカノール織機

 

 

ちなみに、工場内では耳栓使用もOKです。

慣れるまでは耳鳴りがとまらず、

長期連休明けなどは耳栓をしないと

耳に違和感を覚えたりもします。笑

 

余談ですが

私は入社したとき既に、

この音が大きいピカノール織機が導入されていたので

最初から(工場の音)として認識できましたが、

工場長と副工場長は、

途中でこのピカノール織機が導入されたため

突然増えたこの大きな音にとても苦労したそうです…

それから耳栓必須になったとか…

 

そんな中で、この真剣勝負の織り付けは

凄まじい集中力が必要な作業と思います。

私の織り場での仕事は、

タテ糸やヨコ糸が切れて織機が止まった時に

対応することが主なので、

このような集中力がいる作業をいつも行なっている

工場長、副工場長には頭があがりません。

↑ピカノール織機を織り付ける先月の工場長と副工場長

 

 

この後は、「織り付け〜織り調整」の編に続きます。

こちらの動画は4/11にInstagramにて

投稿予定ですのでぜひご覧ください。

 

来週は実際にストールを織っている様子や、

洗い、ふさづくり〜アイロンなどの仕上げの様子を

お届けしていきます。

2月にお申し込みをされた方のストールは

来週織り〜仕上げ作業となりお届けの予定になります。

お待たせしております。ご到着まで日々の動画を

ご覧いただければ幸いです。

 

丁寧に仕上げ作業を行うに向けて、

現在、手先のコンディションを整えております。

(少しのささくれなどで、仕上げ作業の際に引っ掛かりやすくなってしまうため)

 

こちらも動画、コラムにまとめてお届けしていきますので

また次回もぜひご覧ください◎

 

それではみなさま今週もお疲れ様でした。

次回は「織り付け〜織り調整編」を更新します。

 

山本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • TEXTILE COLUMN
  • 【backyard column65】カスタムオーダーメイドストール 「ビームセット編」